獣医のカリスマを目指して


by gofcisqbys

<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 自民党の石破茂政調会長=衆院鳥取1区=は24日の会見で、民主党の石井一選挙対策委員長が「鳥取県とか島根県は日本のチベットのようなもの」と発言したことに対し、「日本海側の人間は、かつて『裏日本』といわれ、悔しい、悲しい思いをしてきた。そういう人たちの気持ちをまったく考えない発言で、断じて容認しがたい」と批判した。

 また、「チベットに対してどういう認識を持っているのか」と述べた上で、「地域に対して上から見下ろしたような思いがある。そういう人が選挙を仕切っているのが、民主党の選挙のやり方だ」と指摘した。

 【関連記事】

民主・石井一氏の「島根や鳥取はチベット」発言に市長会抗議
民主選対、大ブレーキ「説明ナシ」小沢氏に「恫喝」石井氏
長崎知事選 民主・石井選対委員長「結果厳粛に受け止め」
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を
民主の「ファシズム」 顕在化の恐怖

報酬詐取容疑で弁護士逮捕=国選受任、接見回数水増し−岡山県警(時事通信)
直接支払制度の猶予継続を検討―厚労省(医療介護CBニュース)
<派遣法改正案>労組ら「骨抜き」 福島党首も修正要求へ(毎日新聞)
産後ケアの運動体験=都内を視察−鳩山首相(時事通信)
テレビ番組はCMがあるじゃないですか、そこで知りたい事があるのです、どうして....
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-27 05:57
 厚生労働省は2月23日、第20回社会保障審議会を開き、来年度の厚労省予算案や通常国会提出法案の概要の報告などを行った。審議会終了後、委員と長妻昭厚労相らは非公開で意見交換をした。社会保障審議会後にこのような意見交換を行うのは初めて。

 この日の審議会では、▽2010年度の厚労省予算案の概要▽通常国会提出(予定)法案の概要▽社会保障を巡る最近の動向―について厚労省側から報告があり、これらに関して意見交換を行った。審議会は予定されていた1時間で終了。厚労省側は傍聴者や報道関係者などを退出させて長妻厚労相らを迎え入れ、意見交換を行った。
 意見交換に参加した委員によると、長妻厚労相は会合の初めと最後にあいさつし、「経済成長と社会保障はトレードオフではない」ことを話したという。


【関連記事】
社保審の議論、「うやむやではいけない」―齋藤部会長
診療報酬改定の基本方針固まる−社保審医療部会
診療報酬改定の基本方針を正式決定
日本年金機構評価部会を今秋設置へ―社保審
介護従事者の処遇の調査方法で議論―給付費分科会調査実施委

お祝いすると父娘仲良く? =「ひな祭り」ネット調査−カルピス(時事通信)
【土・日曜日に書く】論説委員・石川水穂 中国への歩み寄りは無意味(産経新聞)
新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議−非公開の10回検証困難(時事通信)
<アパート火災>押し入れ付近からライター 東京で2児死亡(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】診療報酬22年度改定 手術料引き上げ 病院収入底上げ(産経新聞)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-26 01:49
 以前交際していた女性の夫に嫌がらせメールを繰り返し送り付けたとして、大手化粧品メーカー「ノエビア」(東京)前副社長大倉尚容疑者(43)が逮捕された事件で、女性本人にも嫌がらせメールを送っていた疑いが強まったとして、兵庫県警は23日、ストーカー規制法違反容疑などで同容疑者を再逮捕した。 

【関連ニュース】
「相談はすべて記録」徹底を=対応しない事案でも
逮捕のノエビア副社長が辞任
ノエビア子会社常盤薬品工業とは「別会社」=常盤薬品
ノエビア副社長を逮捕=女性の夫に嫌がらせメール

平塚で男性撃たれ死亡 撃った組幹部の男が出頭(産経新聞)
<死体遺棄>凍った乳児2遺体 愛知のスーパーに(毎日新聞)
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討−福知山線事故(時事通信)
陸自PKO2次要員の壮行式=350人、今月下旬ハイチへ−北海道(時事通信)
FXうたい出資金、十数億円か=元投資会社社長逮捕−滋賀県警(時事通信)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-24 18:28
 富山市ファミリーパーク(富山市古沢)の雌のシンリンオオカミ「ナナ」(9歳)が19日、糖尿病による多臓器不全で死んだ。

 ナナが2005年に6頭の子を産んで以来、シンリンオオカミの国内繁殖例はなく、いわば「最後の母」。同園は後継者を出来るだけ早く見つけ、再び繁殖につなげたい考えだ。

 シンリンオオカミは北米大陸の森林地帯に生息する。保護すべき動物としてワシントン条約の付属書にも記載され、国内で飼育する動物園は10か所もない。

 ナナはカナダ・オンタリオ州の野生動物センターで生まれ、04年1月に同園にやってきた。一緒に来園した雄のサスケ(6歳)と夫婦になり、05年に雄3頭、雌3頭の六つ子を出産した。子どもたちはいずれも北海道や秋田、群馬県など県外の動物園に譲られ、最近は夫婦2頭暮らしだった。

ACSA交渉開始を確認=岡田外相、ラッド豪首相と会談(時事通信)
公用車談合で元課長ら処分 国交省(産経新聞)
児童ポルノ摘発最多、被害者の16%小学生以下(読売新聞)
千葉大生殺害、竪山被告を強殺容疑などで再逮捕(読売新聞)
<首都圏・雪>東海道新幹線、一時減速 上下55本に遅れ(毎日新聞)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-23 15:13
 民主党は15日午後の常任幹事会で、小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で起訴された石川知裕衆院議員の離党を正式に了承した。石川議員は11日に代理人を通じて小沢氏に離党届を提出していた。石川議員は無所属で活動する。
 常任幹事会では、欠席した小沢氏に代わり、輿石東参院議員会長が石川議員から離党届が提出されたことを報告。本人の意向を尊重するよう求める小沢氏の伝言が紹介され、異論は出なかった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<伊丹空港>「存続協定」見直し必要…橋下知事が発言(毎日新聞)
<放火>アパート放火で36歳の男を緊急逮捕 愛知県豊田市(毎日新聞)
1人暮らし女性が窒息死 事件の可能性も 水戸 (産経新聞)
<中学3年>6割が塾通い…保護者の85%「教育費が負担」(毎日新聞)
伊丹空港フル活用…素案を国交省が地元へ報告、意見交換会(産経新聞)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-22 16:03
 江東区は、昨年4月から今年1月に結核患者の接触した人を対象にした健康診断で検査に不備があり、受診した368人のうち、65人に再検査の必要があることを明らかにした。

 区によると、健康診断で採取した血液を委託業者(広島県福山市)が検査する際、不適切な用具を使用したため、精度が低下していたという。

<石巻2人刺殺>南部さん、大森さんの葬儀や通夜行われる(毎日新聞)
【十字路】「北野をどり」の衣装合わせ 上七軒(産経新聞)
ブランド買取店に強盗、170万奪われる 兵庫・宝塚(産経新聞)
ハイチ大地震 陸自医療援助隊の100人帰国し解組式(毎日新聞)
長崎知事選、町田市長選にやきもきする民主(産経新聞)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-21 10:57
 ■政治とカネ さらに説明を、議員辞職すべきだ…小沢氏の対応不十分75%

 産経新聞社は、民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」問題と、永住外国人への参政権付与の是非について国会議員にアンケートを実施した。小沢氏に対しては、53%が「さらなる説明が必要」と答えるなど、回答者の75%が小沢氏の現在の対応を不十分と考えていた。また参政権付与に対しては「違憲」などの理由で反対する議員が民主党内にもいることが分かった。

                   ◇

 調査は衆参国会議員722人を対象に実施。14日までに134人が回答した。政党別では民主39人(回答率9%)、自民57人(同29%)、公明12人、共産11人、社民3人など。

 「政治とカネ」では、小沢氏の元秘書で衆院議員の石川知裕(ともひろ)被告が起訴されたことを受け、小沢氏が今後、どのように対応すべきかを複数回答で尋ねた。

 その結果、53%が小沢氏は「さらに事実関係を説明すべきだ」と回答。26%が議員辞職を、22%は幹事長辞任を、5%は離党を求めた。設問は複数回答なので回答した議員の数で集計すると、回答者の75%が、小沢氏に何らかの新たな対応を求めていた。

 民主党でも、この設問に答えた21人のうち13人が「さらなる説明」を求めた。夏の参院選を前に党内にも小沢氏への不満が広がりつつあるようだ。

 ただ民主党で、小沢氏に「幹事長辞任」などの進退決断を求めた回答はなかった。

 一方の外国人参政権問題では、永住外国人に地方選挙権を付与することの是非と、その理由を聞いたが、61%が参政権付与に反対し、賛成は26%だった。

 民主党でも、参政権問題に回答した29人中、10人が反対。うち5人は実名を報じることを了承した上で反対と回答した。

 衆院予算委筆頭理事の松原仁氏は「憲法違反で認めるわけにはいかない」とした。政務官の一人は匿名を条件に「国の根幹にかかわる。もっと議論が必要」と記した。

 民主党で参政権付与に「賛成」「決めていない」と回答した議員でも「もっと議論が必要」「簡単に外国人に与えていいのか」と書き添えた議員がいた。

 他党では、自民党は回答した53人全員が参政権付与に反対。参政権推進派では公明党、共産党、社民党は大多数が賛成と回答したが、公明党の一部に「精査が必要だ」などとする慎重意見があった。

枝野氏の刷新相起用、首相じわり「小沢離れ」か(読売新聞)
いかなる県内移設にも反対=民主沖縄(時事通信)
<鯨肉持ち出し>グリーンピース2被告、初公判で無罪主張(毎日新聞)
将棋 王将戦七番勝負第3局 静岡県掛川市で始まる(毎日新聞)
鳩山首相連発「米に依存…」 同盟協議、波紋 深化どころか不信増幅(産経新聞)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-20 01:22
 【ワシントン=佐々木類】鳩山由紀夫首相が今月1日に行ったメキシコのカルデロン大統領との会談で「日本は今までとかく米国に依存しすぎていた」と語り、米国と距離を置く考えを改めて示していたことが波紋を広げている。鳩山首相は会談後の共同記者会見でも経済面での対米依存に言及していたが、日米安保条約改定50年の節目を迎え、両国が同盟深化の協議に乗り出した直後だっただけに発言の真意を問う声もあがっている。

 日米関係筋によると、鳩山首相はカルデロン大統領との会談で、日本の対外基本方針について、従来の日本外交が米国偏重だったとの考えを表明。今後は米国と距離をとる考えを示唆したという。

 鳩山首相は昨年10月10日に北京で行われた日中韓首脳会談の場でも「今までややもすると、米国に依存しすぎていた。アジアの一員としてアジアをもっと重視する政策をつくり上げていきたい」と語っている。

 この発言が米国はじめアジア各国に波紋を広げたことから、2週間後の24日にタイ・フアヒンで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)との首脳会合では「新政権の外交政策は日米同盟を外交の基軸と位置づけている」と述べ、北京での発言を軌道修正していた。

 こうした経緯にもかかわらず、鳩山首相が再び「米国と距離を置く」姿勢を明言したことに米国側の不信感は強まっている。

 ブッシュ前政権下で対日関係に携わってきた元政府高官は「持論だから繰り返すのだろう。真剣に同盟深化を望んでいるとは思えない」と突き放す。日本の外交関係者も「メキシコは米国と国境を接し、不法入国などいろいろ問題を抱えているから、メキシコにおもねったのではないか」(外務事務次官経験者)と忖度(そんたく)する。

 日本側は11月に予定されている日米首脳会談で新たな日米安保共同宣言を出したい考えだが、鳩山首相の発言はこうした動きに影響を与えそうだ。

 鳩山首相は1日夜の共同記者会見でも「メキシコも日本も、経済は対米依存の状況だった」と述べていた。

法曹関係装い現金詐取 兵庫県警など 容疑で6人逮捕(産経新聞)
中国のゴルフ会員権虚偽販売=詐欺容疑で社長ら逮捕−被害7億超か・警視庁(時事通信)
<日韓併合>「民族の誇りに傷」岡田外相、韓国側に見解(毎日新聞)
石川議員離党「重い決断」=前原氏「小沢氏にも責任」−閣僚(時事通信)
男子高生、大麻所持容疑で逮捕=同級生らと吸引か−京都府警(時事通信)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-19 00:33
 自民党の川崎二郎国対委員長は12日、国会内で民主党の山岡賢次国対委員長と会談し、鳩山由紀夫首相の資金管理団体の偽装献金事件に関し、首相の実母と在宅起訴された元公設第1秘書、鳩山家の資産管理会社「六幸商会」社長の3人の証人喚問を要求した。民主党はいずれも拒否する方針だ。
 川崎氏はこの後の記者会見で、3人の喚問を求める理由について「首相が(母親からの資金提供を知らないと)言ったことが事実なのかどうか。カネの入りと出の問題をすべて行ったのはこの3人に凝縮される。あとは鳩山さんが知っていたかどうかだ」と説明した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏「これ以上の説明はない」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

逮捕の容疑者、弟の名かたる…釈放し逮捕し直す(読売新聞)
薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売(産経新聞)
<幼児肥満>孤独な夕食+寝不足+テレビ=1.7倍 米調査(毎日新聞)
消費税論議に慎重=景気への影響懸念−平野官房長官(時事通信)
「公邸の浴室改修」…実は寝室改装(産経新聞)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-18 00:36
 【ニューヨーク=小谷野太郎】米高速道路交通安全局(NHTSA)は15日、トヨタ自動車の車が急加速を起こすとされる問題で、2000年以降に米国で発生した衝突事故による死者数が昨年末時点の21人から新たに13人増え、計34人に達したことを明らかにした。

 NHTSAによると、05〜10年に発生した急加速が原因とされるトヨタ車の事故の報告が1月27日までに新たに9件寄せられ、13人が死亡した。

 一方、ブレーキの不具合でリコール(回収・無償修理)を発表したハイブリッド車の新型「プリウス」について、NHTSAに寄せられた苦情は11日時点で1120件に達し、3日時点の124件から急増した。34件の衝突事故、6人のけが人が含まれる。

【近ごろ都に流行るもの】母性への共感 ゆるぎない絆と生命力(産経新聞)
訴訟合戦に終止符=携帯虫よけ器で和解へ−アース、フマキラー(時事通信)
市立病院職員が覚せい剤=事務トップ、使用容疑で逮捕−神奈川県警(時事通信)
生存男性を死亡と判断=警察署検視室で目覚ます−さいたま市消防(時事通信)
<追い出し屋>被害者の会 11日に結成(毎日新聞)
[PR]
by gofcisqbys | 2010-02-17 01:04